餃子の具の変わり種|味付けやリメイク方法を詳しく紹介します

MENU

餃子の具の変わり種といえば?

餃子の具はいってみれば何でもいいので、どんなものでも入れていいわけです。そのため、変わり種の具材はかなりあります。

 

例えばタコを入れているようなものもあります。タコは食感もいいので、実はかなり美味しくなります。餃子の具としては珍しいかもしれませんが、試してみると面白いかもしれません。

 

同様にイカも変わり種といえるかもしれません。また、肉無しで野菜のみの餃子というのもあります。これは変わり種ということもないかもしれません。肉の代わりに紅しょうがなどを入れたり、こんにゃくで歯ごたえを作ってみたりということも出来ます。

 

基本的には餃子の中身について、これでないといけないということはないので、今でいう定番のようなものは、単に数ある中で一番人気が出ているものが定番になっているだけ、ということがいえるかもしれません。

 

何を入れても美味しくいただけるのが、この料理の魅力でもあります。最近ではいろいろな料理が紹介されるようになっているのでし、そうしたレシピサイトなどを見てみると、また面白い餃子を見ることが出来るでしょう。

 

決まったものがないわけですから、人が存在する数以上にその種類は多いのかもしれません。何でも自分の好きなものを入れてみるといいのです。

 

 

 

美味しい餃子の具と味付け方法は?

中華料理の餃子は、子供から高齢者まで、幅広い年齢層から親しまれています。家庭で餃子を作る際には、自宅にある食材を上手く使って作ることが大切といえます。美味しく作るためには、食欲をそそる香りが特徴のニラやニンニクを入れると味わい深くなります。

 

そのほかの具材として、豚や合挽き肉とキャベツ、白菜を細かく刻んで入れます。生姜を入れると臭みを消してくれる効果も期待できます。また、餃子の味付け方法としては、醤油や塩、砂糖、片栗粉などを適量入れ、粘りが出るようになるまでよく手で混ぜ合わせます。

 

しっかりとした味付けをしておいた方が、食べるときにより一層美味しく感じられます。醤油だけではなく、砂糖や塩コショウなども合わせて味付けをしておくことによって、よりコクのある具本来の味を実感できるのです。

 

家庭によっては、具の中にチーズを加えることでチーズがとろけてまろやかに仕上がることにもつながります、子供からも絶大な支持を得ているのです。

 

このように、美味しい餃子を作るためには、具材選びや味付け方法が非常に大切となっています。家族全員が心から満足できる抜群の仕上がりを目指して、丁寧な下味と具材の下ごしらえが肝心なのです。

 

 

 

余った時のリメイク方法

餃子の具が余ってしまったときに簡単にリメイクするには、ハンバーグなどに活用するという手があります。餃子の具にはひき肉、ニラ、キャベツや調味料などが含まれているため、そのまま丸めて焼き上げればおつまみにもなる中華風ハンバーグが出来上がります。

 

また、フライパンでポロポロになるまで炒めてからご飯を投入すると、チャーハンのできあがりです。少しの量でもボリュームのある料理ができるので、あまりもののリメイクにおすすめの方法です。卵を入れてもおいしくなります。

 

もうひとつ、おすすめのリメイクが餃子ドッグを作るというものです。アミューズメントパークでも人気のスナックで、皮を手作りする必要はありますが、子供も大好きなのでおやつにぴったりです。

 

作り方は小麦粉3カップ、砂糖大さじ3、ドライイースト小さじ2、塩少々、サラダオイル小さじ2を入れたボールにぬるま湯150mlを入れて生地を作り、発酵させて膨らんだら具を包み、15分蒸し上げるだけ。

 

生地を作るのが大変そうと思われがちですが、やってみると意外と簡単にできます。餃子の具はそれだけでもしっかりと味がするので、マーボー豆腐の肉餡替わりや、あんかけの具としても活用可能です。

 

 

 

関連性があるウェブサイトに関して

餃子の具について色々と解説をしていきました。このようにして、工夫をしていくことで、食欲も増していくかもしれませんね。

 

食欲が増せば、太りたいということを実現できることもあるでしょう。もちろん、太りたいなら、そういう情報が集まっているサイトを見てみるのも手です。